グラノーラを食べよう|牛乳をかけるとさらに美味しくなる

心の健康を保つために

中年女性

更年期障害は心理的要因と環境的要因が重なると、症状が少しずつ進む傾向があります。放置すると症状が重くなり、長期間の療養生活に発展する可能性もあるため、早期に解決する必要があります。更年期障害は症状が進むと医療機関で治療を受けますが、同時に自宅でのケアも重要になります。ライフスタイルを見直し積極的なホームケアを行うことで、見違えるように改善します。子宮と卵巣には毛細血管が存在しますが、血流が滞ると良くないので、有酸素運動を行うと良いです。また更年期による火照りやのぼせは、上半身に汗はかくものの、下半身は冷えているため温めます。食生活も見直すと良く、代謝の促進や血圧のコントロールを行うと、老化を防ぐ効果があります。

更年期障害の症状はイライラや憂鬱、耳鳴りや動悸、手足の冷えや震え、不眠や肌荒れ等があります。これらの症状が複数当てはまっていたら更年期障害の可能性が高く、状態に応じて治療が必要になります。更年期障害を治療するには服薬や漢方、ホルモン補充療法やカウンセリングがあります。服薬は症状や体質に応じて処方されますが、薬なので専門医の指示が必要になります。服薬治療は複数の薬を一緒に摂取する事もあるため、気になる症状があればすぐに担当医に相談します。漢方は昔から利用されている方法であり、安全な治療のため利用者は多くいます。ホルモン補充療法は扱っている医療機関が決まっているため事前確認が必要ですが、高い効果があります。もし病院でのホルモン治療はしたくないという場合には、サプリメントでの改善を図りましょう。大豆やごま、ヨーグルトなどが女性ホルモンの分泌を助けるので、これらを由来とする成分を含むサプリメントを積極的に摂取すると更年期障害緩和に役立ちます。