グラノーラを食べよう|牛乳をかけるとさらに美味しくなる

血液サラサラ成分とは

魚

健康を保つためには、血液の流れを促進させることがとても重要です。しかし、油分の多い食事などを続けてしまうと、脂肪がつくだけでなく、コレステロールや中性脂肪が血管にもたまってしまいます。それによって血液がドロドロになり、流れが悪くなったり、血管がつまってしまうのです。血液をサラサラにする効果が高いと、話題になっている成分がDHAです。このDHAは、青魚に多く含まれているのですが、熱に弱いため加熱すると減少してしまいます。必要な量のDHAを得るために、毎日生魚を食べるのは困難なので、サプリメントを併用する工夫をしましょう。DHAサプリメントには、1日に必要な量が濃縮されており、においも気にならないため、魚が嫌いな方も利用しやすくなっているのです。

血液がドロドロになると、栄養と酸素を全身に運べなくなってしまいます。また、加齢によって血管も老化するため硬くなったり、血栓ができやすくなってしまいます。血栓が飛んでしまうと、心筋梗塞や脳梗塞の原因となるため、注意が必要なのです。血液をサラサラにする方法としては、運動や食事管理が必要ですが、DHAを意識して摂取するのも効果的なのです。DHAは血液をサラサラにしてくれるので、このような死につながる病気を予防することができるのです。またDHAは、脳の老化にも効果的なため、アルツハイマー予防も期待されています。いつまでも、健康を保つためにはDHAを意識して摂取する事が大切なのであり、DHAはサプリメントで販売されているため、手軽に栄養補給する事ができます。